FaxDMで新規開拓、FAX DMノウハウ、FaxDM原稿ひな型、集客(マーケティング)、販売促進、売上拡大

社会保険労務士専用 助成金FaxDM。FaxDMで新規開拓。パートタイム助成金FaxDM

FaxDMで集客するための10の秘訣
 
 
メールアドレス
1分以上経っても返信メールが無い場合は下記アドレスにフルネームをご記入してメールして下さい。

knowhow12@e-ptn.com
  • 社労士用
  • 日本著者販促センター
  • FaxDM過去の実績
  • FaxDMよくある質問
  • FaxDMのeパートナー相互リンク集
  • サイトマップ

こんにちは。私がこのHPの責任者、FaxDMコンサルタントの高橋です。

私の仕事は、ズバリあなたのFaxDMの反響を上げること。そのために原稿添削もやっています。原稿を少し変えるだけで反響は2〜10倍になります。

FaxDMをいくら安く送れても、反応がなければ意味無いですよね?現在の一般的なFaxDM反響率は、0.1%以下です。でもFaxDMのコツさえ学べば、誰でも2〜10倍の反響が取れます。

「値段は2倍でも、問合わせが3倍ならお得でしょ?」と考えている会社です。

パートタイム助成金
FaxDM

成功している社労士のFaxDMがそのまま使えます

2006年8月に、神奈川の新井社会保険労務士事務所さんがFaxDMをしました。
FaxDMの内容は 『パートタイム助成金』 についてです。

FaxDM用の原稿は、新井先生からの情報を基に、私が作成しました。その結果、最終的に反響率0.55%という高い反響率の原稿が完成しました。ちなみに一般的に言われている最近のFaxDMの反響率は、0.1%以下です。0.55%の反響率はかなり高い反響と言えます。当然利益も出ています。

 

【 パートタイム助成金FaxDM 反響結果 】

送信日時

送信

問合わせ

反響率

成約

助成金額合計

成約金額

2006/8/3
木曜日
10:00

3,119件

17件

0.55%

5件

300万円

85万円
プラス
顧問契約1件

 

お客さんの方から問い合わせてきていますので、即アポが可能です。また、助成金なので、訪問さえできれば、かなりの確率で成約可能です。実際、新井先生は5件のアポイントのすべてと契約になっています。

 

今回、助成金の手続き代行だけで利益がでますが、ポイントはそこではありません。助成金はあくまでも 「お客さんとのきっかけ作り」 です。きちんとフォローをしておけば、何かあったときに仕事を依頼してくれますし、顧問契約も可能です。特に顧問契約は重要です。スポット的な仕事だけをしていたのでは、なかなか収入は安定しません。顧問契約がとれてこそ、収入も安定するというものです。多くの中小企業では、顧問の社労士がいない場合の方が多いです。助成金の申請で満足できる対応をしていれば、顧問契約も取れるでしょう。

 

また、きちんと仕事をしていれば、お客さんは紹介をくれます。新井先生の場合でも問い合わせてきたお客さんがすぐに紹介をくれました。ご存知のように、社労士業界は紹介が多いです。今回の17件のお客さんも、紹介などでもう少し増えていく可能性もあります。契約数も今後増えていく可能性があります。単純に17件の問合せではないのです。

 

下記は新井先生本人からの結果連絡メールです。

2006/9/1 0:31

高橋様

新井です。
回答が遅くなり、申し訳ありません。

----------------------------------------------------------------

1、予想以上に問合せが多かった。→合計17件

2、アポがとれたお客の反応が良かった。→5件とも。

3、1件のお客から別のお客を紹介された。

4、社労士を変えたいと考えているところに今回のDMを見て、連絡をもらえた。

5、どのお客もDMをよく読んでいた。
   特に、三つの条件
    ・パートタイマーがいること
    ・労働保険に加入していること
    ・就業規則があること
  に注目して、自社が該当するので連絡したと、どのお客からもいわれた。

6、パートタイム助成金に関し、別のお客の紹介をしてもらったことが嬉しい。
  ただし、場所が三鷹のため、遠いのが悩みです。

7、この助成金に関し、他の社労士が営業をしていないようなので、お客から見て
  新鮮だったような感触があります。
  しかし、21世紀職業財団に問合せしてみると申請が既に相当数あるようです。

8、私としては、パートタイマーの就業規則・人事考課規定の作成をしたことが
 なかったので、初めの1件目は手探りでしたが、一度経験して方法論が分れば
 2件目からは楽になりました。

9、仕掛かり中の5件が一段落したら、9月以降も定期的に業種・地域を変えて、
  FaxDMをやりたいと考えています。

10、やはり高橋さんの作ったDM原稿の方が、私のものよりもはるかにアピールした
  と実感しています。お任せしてよかったと思います。ありがとうございました。
  次回も近々に実施したく、よろしくお願いします。

 

新井先生は「パートタイム助成金」のFaxDMにおいて、かなりの利益を出すことができました。
ですが、新井先生はあくまでも神奈川で活動されています。営業効率上、神奈川県の一部エリアでのみ営業しています。他の地域でも同じくらい集客できると予想されますが、残念ながら神奈川県以外で集客するつもりはないのです。

 

 

ここで良いニュースと悪いニュースがあります。

 

まずは悪いニュースから。
あなたが「パートタイム助成金」FaxDMを送っても、おそらくはうまくいかないということ。
最近のFaxDM反響率は0.1%以下です。1000件FAXしたくらいでは1件の問い合わせもない可能性があります。残念。

 

良いニュースは、
もしあなたが神奈川県以外を活動拠点とする社会保険労務士の方なら、新井先生と全く同じ原稿で集客可能です。問合せ先だけ、あなたの事務所に差し替えます。もちろん、あなたの希望する地域にFaxDMします。送信時期とエリアが異なるので、一概には言えませんが、神奈川の新井社会保険労務士事務所さんと同等の反響が見込めると考えられます。
(※神奈川県でも一部エリアでは可能な場合があります。詳細はお問合せ下さい。)

 

例えば、
3000件にFaxDMを送ったと仮定すると、問合せ17件、契約5件、売上85万円。
5000件にFaxDMを送ったと仮定すると、問合せ27件、契約8件、売上136万円。
1万件にFaxDMを送ったと仮定すると、問合せ57件、契約17件、売上289万円。

 

もちろん、上記はあくまでも 『計算上』 ということになります。なぜなら、FaxDM送信エリアも日時も違うので、反響率には必ず誤差が出ます。もっと良いかもしれませんし、逆に悪いかもしれません。しかしながら、少なくとも、他の地域で成功したFaxDMです。自分だけの力でイチからFaxDMをするよりも、手間が無いですし、何よりも失敗する可能性が低いでしょう。また、傾向としては、都心部よりも郊外の方が反応が良いです。地方の方はより多くの問合せを得る可能性が高いです。

 

あなたは、今すぐにでもFaxDMで集客することが可能です。今日、申し込めば、3営業日後にはFaxDM可能です。つまり、うまくいけば、今この瞬間から72時間後に、あなたの前にお客さんが行列している状態を作ることが出来るのです。

 

 

さて、今回の 『社労士用FaxDM(パートタイム助成金編)』 の価格について、ご説明します。

 

通常、弊社が反響の良いFaxDM原稿を作る場合は、コンサルパック(税込42万円)での契約が必要です。しかも、コンサルパックの場合、通常、結果が出るまでに1〜2ヶ月かかります。実際、今回の新井先生の場合でも計画から実行まで約1ヶ月かかりました。

 

あなたは、1〜2ヶ月間という時間を3日間に短縮できると同時に、0.55%という反響を今すぐ手に入れることが出来ます。ライバルよりも短期間で集客できる可能性が高くなります。この価値にあなたはいくら払いますか?

30万円?

50万円?

100万円?

コンサルパック(税込42万円)と同一料金だと安すぎるかもしれません。なぜなら、通常、コンサルパックは結果が出るまでに1〜2ヶ月かかりますし、そもそも0.55%の反響が取れるかどうかは、やってみないと分かりません。0.2%の反響かもしれませんし、0.5%かもしれません。

 

 

『社労士用FaxDM(パートタイム助成金編)』 の価格を発表します。

 

今から3日後に、あなたの前にお客さんの行列を作る可能性がある『社労士用FaxDM(助成金編)』 の価格は、10万円(税込105,000円)です。これには、2000件分のFaxDM送信代、法人名簿レンタル代、宛名印字代、原稿利用代、すべて含まれています。

 

※ちなみに、普通に2000件FaxDMした時のの料金は、56,000円(税込58,800円)ですので、実質的な負担増は、44,000円(税込46,200円)ということになります。

 

『社労士用FaxDM(パートタイム助成金編)』 料金表

価格(税込)

左記に含まれるもの

2000件超過分

10万円
(税込105,000円)

・FaxDM原稿利用代
・2000件分までのFaxDM送信代
・2000件分までの法人名簿レンタル代
・宛名印字代

※名簿はレンタルです。中身の開示はできません。送信済名簿を購入したい場合は別途料金になります。

@28円
(税込29.4円)

※実名で感想を頂ける場合は感想割引として500枚分無料で追加送信します。
  匿名で感想を頂ける場合は200件分無料で追加送信します。
※2回目以降のご利用の場合はリピート割引として500枚分無料で追加送信
  します。2回目以降のご利用かつ実名で感想を頂ける場合は1000枚分
  無料で追加送信します。

 

<料金計算例>

@ 2000件以内の送信の場合
    定価通り:一律10万円(税込105,000円)

A 3000件に送信の場合
    超過分:1000件×@28円=28,000円
    100,000円+28,000円=128,000円(税込134,400円)

A 5000件に送信の場合
    超過分:3000件×@28円=84,000円
    100,000円+84,000円=184,000円(税込193,200円)

B 1万件に送信の場合
    超過分:8000件×@28円=224,000円
    100,000円+224,000円=324,000円(税込340,200円)

※送信先の名簿の一覧表はコチラで確認できます。

 

 

結構、高いじゃないか!本当に問合せは来るのか?

そう思われる方も多いでしょう。
そこで、あなたの不安を解消するために、私は保証を付けることにしました。

 

今回の『社労士用FaxDM(パートタイム助成金編)』に、0.2%の反響を保証 いたします。0.2%に満たない時は、弊社の自腹で追加FaxDMを送ります。それでも、0.2%の反響に満たない場合は、全額返金することを約束します。

 

つまり、10万円払って2000件分のFaxDMを申込めば、少なくとも4件の問い合わせが来ることになります。4件問合せが来れば、1件くらい契約できるでしょう。パートタイム助成金の場合、1件契約できれば、15万円位の売上げになるはずです。FaxDM代金10万円を支払っても、元は取れたことになります。

※パートタイム助成金の場合、1社あたり、60万円くらいの助成金申請になります。
 社労士にもよりますが、助成金の10〜20%プラス就業規則変更代5万円
 を請求することが多いと思います。 60万円×20%+5万円=17万円

 

また、重要なのは 「少なくとも0.2%」 という部分です。2000件で4件の問い合わせを保証しますが、実例では、0.55%の反響が来ています。ということは、確率的には11件のお客さんが来てもおかしくない、ということです。

 

そうなった場合、あなたの利益はさらに増すでしょう。
また、助成金だけでなく、顧問契約が取れた場合は長期間の収入につながります。

 

 

広告業界において、この保証はありえない ことです。

思い出して下さい。
広告の反響を保証してくれる会社がどこにあるのでしょうか?

 

例えば郵送DMをやった時、誰か反響を保証してくれるか?
雑誌広告を出したとき、反響を保証してくれるか?
タウンページ広告ではどうか?
インターネット広告ではどうか?

 

全部、イチかバチかの世界です。広告がうまくいかないと、そのお金はドブに捨てたのと同じです。広告業界で、問い合わせの保証はありえないことです。そのありえないことを提供したいと思います。今回のFaxDMの場合、0.2%の反響保証が付いているので、あなたのリスクはかなり低いと言えます。

 

このような保証を付けても、

「値段が高すぎる」
「問い合わせが来ても、契約できるかどうかは分からない」

と考える方もいるかもしれません。

 

そういう方は、残念ながら弊社ではお役に立てないようです。他の集客方法を探してもらうか、独力で頑張ってもらうしかなさそうです。

私は、ビジネスにはある程度の投資が必要だと考えています。確かに広告は、やってみないと分からないものです。ですが、やらないといつまでたっても何も変わりません。いつもと同じ営業方法だと、いつもと同じ結果しか生まれません。いつもと同じことをやっていながら、いつもと違う結果を望むのはおかしな話です。もし、今の売上げに満足していないのであれば、何かやり方を変える必要があると思います。

 

 

 『社労士用FaxDM』 を利用するに当たって、条件が4つあります。

1、パートタイム助成金の手続きを理解している社労士の方
2、パートタイム助成金の問合わせに対応できる郵送用資料を持っている方。
  もしくは今後、準備できる方。
3、助成金申請代行を成功報酬で行っている方
4、このFaxDM原稿を不正に利用しない方 (←これ重要)
  (FaxDM原稿の著作権は有限会社eパートナーに帰属します。
   送信用原稿は一部お見せしますが、お渡しは出来ません。
   また、原稿の2次利用、複製、販売、オークション出品などを禁止します。)

 

 

さて、ここでもう一度、あなたのメリットについて、おさらいします。

 

あなたのメリット
『社労士用FaxDM(助成金編)』 のメリット


1、神奈川県2006/8/3に、反響率0.55%を取った原稿をそのまま使えます。
   原稿の中の名前と連絡先をコチラで差し替えますので、手間は一切
   かかりません。
   ちなみに最近のFaxDMの反響率は0.1%以下です。
   その5倍以上の反響を得られる可能性があります。

 

2、FaxDMで1番のネックとなる、原稿作成の手間が一切必要ありません。
   1原稿を作成するのに最低3時間必要です。
   また反響を上げる為には、通常、原稿は2〜4パターン必要です。
   多くの方は原稿を1パターンしか作成せず何が良くて何が悪かったのか
   検証しません。
   これでは、FaxDMが成功するか?失敗するか?は神頼みになってしまいます。
   プロは必ず複数パターンの原稿で反響をテストします。
   初めてFaxDMを送信する方が、1パターンしか原稿を作成しないのは、
   広告費をムダにする典型例です。

 

3、あなたがやらなければならないことは、ただ1つ。送りたいエリアを選ぶだけです。
   <通常、FaxDMする場合の手間は・・・>
   手間1:原稿作成 → 6〜12時間。
   手間2:原稿修正 → 2時間。
        (大半の原稿は売込色が強すぎるので、修正必要)
   手間3:ターゲット業種の絞込み → 1時間。
   手間4:FaxDMノウハウ勉強 → 2時間。
        (失敗するか成功するかの鍵を握っている) 
   ※上記の作業に通常約1週間かかります。この手間が一切不要になります。

 

4、実際の成功事例をそのまま利用できるので、失敗するリスクが少ない
  と言えます。
   神奈川の新井社会保険労務士事務所さんのケースでは、17件の問合わせ
   の内、アポが取れた5件すべてが契約でき、85万円の利益が確定しました。
   これと同等の反響が見込めると考えられます。

 

5、申込ご入金後、3営業日で送信可能です。
   ご入金から3日後には、あなたの目の前にお客さんを連れてくることができます。

 

6、郵送DM(通常@200〜300円円程度)の約10分の1のコストです。
   郵送DMは通常@200〜300円かかります。
   FaxDMは@28円(税込29.4円)です。

 

7、今回のFaxDMでは、ある程度の反響が予想可能です。
   新聞広告、雑誌広告、郵送DMなど、一般的な広告媒体は、成功するか?
   失敗するか?やってみないと、分かりません。反響が予想できる広告は、
   普通存在しません。

 

8、仕事が楽しくなります。
   『興味があります!』と手を挙げてきた、お客さんだけをフォローしますので、
   やりたくない営業(お願い営業、飛込み営業)を無理にする必要がなくなります。

 

 

 

追伸1
ご利用は先着順になります。同じ名簿を使う場合、FaxDMはそのエリアで最初にやった人の反応が最も高くなります。過去のデータ上、2番目の人は、最初の人の半分の問い合わせしか来ません。今回の 『社労士用FaxDM(パートタイム助成金編)』 も同様です。早めに申し込まれることをお薦めします。

追伸2
ご利用の方の声が追加されました。

追伸3
ご利用時、FaxDM送信後に実名入りで感想を頂けるのであれば、500枚無料(14,000円相当)で追加送信します。感想の他に反響件数、契約件数、契約金額など可能な範囲で教えて下さい。